<< ご近所が一喝、コンビニ羽交い締め強盗逃走(読売新聞) | main | JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


財源捻出は期待薄=事業「廃止」、小粒が大半−事業仕分け第2弾(時事通信)

 政府の行政刷新会議による独立行政法人(独法)を対象にした事業仕分け第2弾の前半戦が始まったが、財源捻出(ねんしゅつ)の効果は限定的との見方が強い。初日の23日は国土交通省と厚生労働省が所管する独法の8事業が「廃止」と判定されたが、その大半は小規模な事業ばかり。このため、刷新会議は仕分け後半戦の対象となる公益法人に加え、特別会計の見直しにも戦線を広げようとしている。
 初日に「廃止」判定となった8事業に対する国費額は計2916億円(2009年度)。このうち、住宅金融支援機構が行う住宅融資保険業務(2389億円)については、鳩山政権が09年度第2次補正予算で住宅投資を促すために1400億円を追加投入したばかりで、実際に廃止するのは難しそうだ。ほかは労働政策研究・研修機構の調査成果普及事業(2億3600万円)、労働者健康福祉機構が運営する産業保健推進センターの2事業(9400万円)など小粒事業が並ぶ。
 昨年11月に行った第1弾では95兆円に膨らんだ10年度予算の概算要求全体を対象にしたが、削減額は約7000億円にとどまった。これに対し、今回対象となる独法向けの財政支出は10年度予算で3兆1626億円にすぎず、「捻出額は兆単位にはとても届かない」(財務省幹部)とされる。
 ただ、科学技術振興費に限れば、国の予算の7割に当たる9393億円という巨費が独法に流れているのも事実。枝野幸男行政刷新担当相は、現在38ある研究開発関係の独法の整理・統合に意欲を示しており、26日の仕分けでは、日本学術振興会や宇宙航空研究開発機構などが取り上げられる。しかし、「日本の科学技術水準や国際競争力にかかわる問題」(経済官庁幹部)だけに、強引な予算カットには批判が集まりかねない。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「事業仕分け」
事業仕分けの結果(23日)
「情報公開を」迫る蓮舫議員=JICAの改善「不十分」
JICAの不透明取引、改善要求=天下り法人に随意契約
「芝居では」「無駄あった」=開場前から傍聴人、OBの姿も

臥龍桜 陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)
不妊治療費助成の条件緩和などを陳情(医療介護CBニュース)
<テレ朝>金属入り脅迫文届く(毎日新聞)
ゆうちょ銀、近畿8100人分の顧客申込書紛失 口座番号など記載(産経新聞)
限度額撤廃規定、盛り込まず=郵政改革法案で政府方針(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 22:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
即日現金化
債務整理 無料相談
自己破産
ネイルサロン
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM