スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


石綿禍、2審も原告勝訴 近鉄に賠償命令(産経新聞)

 大阪府内の近鉄線高架下の建物に入る文具店の男性店長が中皮腫で死亡したのは、内壁の吹き付けアスベスト(石綿)対策を怠ったためとして、遺族が建物を所有する近鉄などに約7300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が5日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、近鉄に約5千万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を変更、過失割合を見直し、賠償額を約6千万円に増額した。

 塩月裁判長は、昭和45年ごろに石綿の有害性が一般的に認識されていたとする1審の判断をほぼ踏襲。石綿を使ったことが建物の欠陥に当たるとした上で、「建築業や不動産業でない原告側に、危険への認識や対策を期待することは困難だった」との判断を示した。

 判決後に会見した男性の長女(48)は「近鉄には亡き父の無念や病苦を受け止め、心からの謝罪をしてほしい」と話した。

【関連記事】
「石綿で死亡」と四電を提訴 遺族が3300万円の損害賠償求める 高松地裁
石綿肺発症を初確認 クボタ旧神崎工場周辺の住民
石綿被害 住友ゴムにOBとの団交義務認める
路上に大量アスベスト 千葉で不法投棄か
四輪バギーにアスベスト スズキが回収へ

ITによる地域の見守り支援でシンポ―多職種の情報共有がカギに(医療介護CBニュース)
トルコ人の東大助教が論文盗用、博士号取り消し(産経新聞)
城内議員が「浅田選手記事」で謝罪 「多くの人の気持ち逆撫でした」(J-CASTニュース)
<キャメロン監督>原爆「映画化の意思変わらず」(毎日新聞)
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災−水戸簡裁(時事通信)

有床診療所の評価「実質引き上げ」−厚労省担当者(医療介護CBニュース)

 厚生労働省保険局医療課の石井安彦長補佐は3月7日、診療報酬改定セミナー「ベール脱いだ民主政権下の医療改革2010年改定の核心を衝く」(じほう主催)で、地域医療を支える有床診療所への評価について、「実質的には引き上げを行っていると考えていただいてよろしいかと思う」と述べた。

 現行では、有床診療所入院基本料で最も高い点数は、看護職員の配置が5人以上の「有床診療所入院基本料1」(7日まで810点)だが、改定後は、看護職員の配置が7人以上の「有床診療所入院基本料1」(14日まで760点)で、50点低くなる。
 石井氏は、「今回の改定で、若干の誤解がある部分もあるかもしれない」と述べ、改定前後の点数を比較した。

 それによると、医師2人、看護職員8人の有床診療所が入院患者を受け入れた場合、現行では「同基本料1」(810点)と「医師配置加算」(60点)を算定すると、全体の点数は870点になる。
 これに対し、4月の改定では「有床診療所一般病床初期加算」(7日まで100点)が新設されるほか、現行60点の「医師配置加算」も要件を満たせば88点に上がり、全体では948点の算定が見込める。

 引き続き行われたシンポジウムでは、全日本病院協会の猪口雄二副会長が講演し、2010年度診療報酬改定の影響を診療所、中小病院などに分けて説明した。
 診療所については、再診料の2点引き下げが決まったものの、「ほとんどの診療所が地域医療貢献加算を取ると実質的には上がる」との見方を示した。また、外来管理加算の「5分要件」も外れたため、「実際はそんなに下がらないのかなという気もする」と指摘した。

 精神科に関しては、「精神科病棟『13対1』入院基本料」の新設により、日本精神科病院協会の内部に、「看護師の奪い合いが起きてしまう」と懸念する声があることを明らかにした。

 また、中小病院への影響については、急性期看護補助体制加算や医師事務作業補助体制加算、一般病棟看護必要度評価加算など、「『10対1』(を算定している病棟)は、取れるものがたくさんある」と指摘。「7対1」の体制を維持するのが困難なため、「『7対1』を『10対1』に落とす病院が増えるのかな、という気がしている」との考えを示した。


【関連記事】
2010年度診療報酬改定を告示
明細書、「正当な理由」あっても求めあれば発行−電子請求義務化の医療機関
地域医療貢献加算、複数診療所の対応も可
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申
2010年度診療報酬改定のポイント(1)

交通事故偽装、子ども4人にけが演技させる(読売新聞)
医療チーム、派遣見送り チリがキャンセル(産経新聞)
憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)
新国立劇場の大道具、野積みでカビや腐食(読売新聞)
奈良5歳児餓死、「2年前からやせ細る」父供述(読売新聞)

川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)

 大阪府岸和田市の天然温泉施設「牛滝温泉いよやかの郷」で、温泉に川の水を混ぜていた問題で、府環境衛生課などは1日、温泉の成分表示を義務付ける温泉法違反の疑いもあるとみて、同施設への立ち入り検査を始めた

 施設では、温泉水と井戸水を混ぜて浴槽に給湯していたが、昨年11〜12月に井戸水をくみ上げるポンプ装置が故障。担当者の判断で、近くを流れる牛滝川から水を引き込み、温泉水として補給していた。川の水は通常、トイレに流す水などとして使用されていたという。府はこの日、6人態勢で立ち入り検査を実施。施設に川の水を引いていたポンプや井戸などの設備を確認していた。

 同施設をめぐっては、岸和田市が先月26日、施設が温泉に川の水を混入していたと発表。平成11〜12年には、温泉をくみ上げるポンプが故障した際、温泉成分の塩を足していたことも判明した。

ギフチョウ 今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)
<谷垣総裁>「民主は濁った水」(毎日新聞)
根室で30センチの津波(時事通信)
キャバ嬢の基礎控除、出勤してない日も… 最高裁が審理を差し戻し(産経新聞)
党と内閣の在り方議論=鳩山首相、小沢氏と会談(時事通信)

<引きずり殺害>被告が殺意否認 大阪地裁初公判(毎日新聞)

 08年10月、大阪市北区のJR大阪駅前の交差点で、会社員、鈴木源太郎さん(当時30歳)を車ではね、約2.9キロ引きずり殺害したとして、殺人と道交法違反(ひき逃げ、無免許)などの罪に問われた住所不定、元飲食店従業員、吉田圭吾被告(24)の初公判が2日、大阪地裁(秋山敬裁判長)であった。吉田被告は無免許運転でひき逃げしたことを認めたうえで「引きずっていることには気付かなかった。殺意を持って逃走しようとはしていない」と殺意を否認した。弁護側も「殺意は争う」と述べ、殺人罪ではなく、自動車運転過失致死罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「別の詐欺事件で執行猶予中だったため、無免許、酒気帯び運転が発覚すれば執行猶予が取り消され、服役することになると考え逃走した」と動機を指摘。検察側によると、被告は同市此花区の駐車場に車を止めた後、被害者が路上に放り出された現場まで歩いて行ったといい、検察側は「死んでいると感じたが、車に傷がないため発覚しないと考えた」と主張した。【牧野宏美】

太平洋沿岸に1〜3メートルの津波の恐れ チリ大地震(産経新聞)
額賀派がパーティー=野党になって出席者半減−自民(時事通信)
<アーチェリー事故>高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(毎日新聞)
ファイザー日本法人、2.6%の増収(医療介護CBニュース)
<訃報>松崎匡男さん72歳=元帝人副社長(毎日新聞)

がんを知るフォーラム 横浜で700人が参加(毎日新聞)

 がんに対する正確な理解を深める「がんを知る全国フォーラムin神奈川」(毎日新聞社、神奈川新聞社、神奈川県共催、アフラック協賛)が27日、横浜市中区で開かれた。東大付属病院放射線科准教授の中川恵一さんと女優の仁科亜季子さんらが、約700人の参加者に予防策や早期治療の重要性を訴えた。

 中川さんは「日本は2人に1人ががんになる世界一のがん大国なのに、対策は後進国だ」と指摘。子宮頸(けい)がんを克服した仁科さんは「子宮頸がんはワクチン接種で予防できる。まず検診を受けて」と呼び掛けた。肺がんを乗り越えたNPO法人「がん患者団体支援機構」副理事長の三浦秀昭さんは「がんに負けない勇気を持ち、夢と希望を持って生きることが必要だ」と語った。

【関連ニュース】
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/2止 「検診、ワクチンで予防を」
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/1 「進行すると大手術に」
1月号
がんの市民講座から:/下 先端医療、特徴理解して
掲示板:「子宮頸がんは予防できる!…」ほか

<松田参院議員>自民に離党届、元秘書が民主で出馬(毎日新聞)
<津波>太平洋側では交通マヒ 休日の観光施設にも影響(毎日新聞)
<津波警報>レベルダウン迅速化に言及 中井担当相(毎日新聞)
信号無視で小2女児はね重体に=高松市課長、現行犯逮捕−香川県警(時事通信)
阿久根市長の降格人事は「違法」…公平委が判定(読売新聞)

<JR京浜東北線>品川駅で男性転落し死亡 3万人に影響(毎日新聞)

 24日午後4時35分ごろ、東京都港区高輪3のJR京浜東北線品川駅のホームで、線路に転落した男性が大船発大宮行き普通電車(10両編成)にはねられ、死亡した。この事故で同線と山手線外回りの全線が約50分間、運転を見合わせ5本が運休、41本が遅れ、約3万5000人に影響した。警視庁高輪署によると、男性は80歳代くらいで、売店の店員が線路に飛び込むのを目撃したという。

【関連ニュース】
あすか:また鉄道ファン? 線路立ち入り遅らす
福知山線脱線:検審、遺族から聴取へ
女性転落:間一髪で救助…線路の間に寝かせ JR高円寺駅
踏切事故:列車とトラック衝突 高校入試に影響 埼玉
迷惑鉄ちゃん:「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響

<08年水害>被害額は1660億円(毎日新聞)
へき地の医師への住宅補助を強化―厚労省(医療介護CBニュース)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
高校無償化、朝鮮学校「検討中」に修正 鳩山首相(産経新聞)
避難の徹底呼び掛け=鳩山首相(時事通信)

新・夜明けの刑事

新・夜明けの刑事(しん・よあけのけいじ)は、1977年3月30日〜1977年9月28日までの毎週水曜日20:00〜20:54にTBS系列で放映された大映テレビ制作のドラマ。「夜明けの刑事」の続編。内容前作同様、警視庁日の出署刑事課の刑事たちが事件を解決する姿を人情刑事鈴木(坂上二郎)を中心に描いた作品。メンバーは柴田、大野が去り、前作の中盤で転勤した池原(演・石橋正次)が復帰、新課長・浅倉(演・梅宮辰夫)が加わる。キャスト鈴木刑事(主人公)・・・坂上二郎池原刑事・・・石橋正次小林刑事・・・鈴木ヒロミツ黒田刑事・・・藤木敬士中村刑事・・・山本伸吾浅倉課長・・・梅宮辰夫スタッフ脚本: 浜名洋平、今井詔二、大野武雄、村山庄三、松島利昭監督: 江崎実生、安室修、富本壮吉、降旗康男プロデューサー: 春日千春、千原博司、(大映テレビ)、樋口祐三(TBS)制作協力: 浅井企画ナレーター: 芥川隆行主題歌『何処かで失したやさしさを』 作詞曲:マチ・ロジャース、編曲:小六禮次郎、唄: 鈴木ヒロミツ制作: 大映テレビ、TBS関連項目刑事ドラマ大映テレビ 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%BB%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%81%AE%E5%88%91%E4%BA%8B」より作成カテゴリ: TBSの刑事ドラマ | 大映テレビ | 1977年のテレビドラマ | コント55号隠しカテゴリ: テレビ番組に関するスタブ

<窃盗>巨人選手が車上荒らし被害…容疑者逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
ナイフで襲い10万円奪う=開店準備の男性軽傷−警視庁(時事通信)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)

五木寛之さん、直木賞選考委員を辞任の意向(読売新聞)

 作家の五木寛之さん(77)が、1978年から務める直木賞選考委員を辞任する意向を示していることが19日、分かった。

 同日発行の日刊ゲンダイの連載エッセーで明らかにした。

 五木さんは22日発売予定の「オール読物3月号」(文芸春秋刊)に佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞(こ)う」の選評を書いたが、その中に「間違いがあった」ため責任を取るという。

 同誌編集部によると、五木さんは誤って、佐々木さんの作品中にはない「破顔した」という表現について言及した。文芸春秋側では「見過ごしたのは我々のミス」として慰留している。

小学校1万校にスクールカウンセラー配置へ(読売新聞)
咲き誇る熱帯の花 南国気分 板橋区立熱帯環境植物館(産経新聞)
首相「民意の表れ」 沖縄県議会が意見書可決(産経新聞)
性犯罪裁判「過去の量刑軽すぎ」裁判長が言及(読売新聞)
自民、審議復帰を協議=国会正常化も(時事通信)

<バンクーバー五輪>スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪で、スピードスケートの日本選手の競技ウエアが思わぬ誤解から、海外メディアに取り上げられた。「下着が透けて見える」というもので全くの事実無根だが、同様の指摘や質問が製作したミズノ(本社・大阪市)に寄せられており、一部のネットでも話題になっている。

 ウエアは金メダルをイメージした金色をベースに、ヘビの力強さを表現した黒の模様がアクセントになったデザイン。06年五輪より空気抵抗を約5%削減した。

 誤解の原因も技術革新。体の動きやすさを追求し、1種類の生地で14枚のパーツに分かれていた02年五輪から、06年は2種類44枚に。今回は伸縮性の異なる4種類の生地で、男子53枚、女子55枚のパーツに分けて縫合しており、伸縮素材を使った下腹部の逆三角形の生地が周りの色よりも濃いため、誤解を生んだという。

 カナダ地元紙「バンクーバー・サン」は、米国選手がハイチ救援のために下着を売っていると報じた記事中で、「金色のスーツの下に明らかに黒いTバックのようなものが見え、世界中を驚かせた」と紹介。韓国紙にも話題が取り上げられた。

 ウエア自体は、男子五百メートルで銅メダルを獲得した加藤条治選手(25)が「インパクトがある。一発いける感じ」と話すなど選手には好評。ミズノは「予想外の反応で驚いている。次回五輪でも製作を請け負ったら、デザインの見直しを検討する」と話している。【田中龍士】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:「失格続き」で橋本団長が猛省求める
五輪フィギュア:「がんばって」…浅田真央が笑顔で出発
五輪ジャンプ:葛西は8位 伊東20位 アマンが2冠
五輪フィギュア:浅田、バンクーバー到着 100人出迎え
五輪スケルトン:師弟コンビ対決、初出場の田山が越を破る

【追悼】ディック・フランシス 文芸評論家・池上冬樹(産経新聞)
<火災>住宅が全焼 82歳と79歳の夫婦死亡 三重・松阪(毎日新聞)
ボスミン液の一部製品を自主回収―第一三共(医療介護CBニュース)
鬼追理事長、3月退任へ=漢検協会(時事通信)
<職能総合大学校>厚労相が売却方針固める(毎日新聞)

<無登録営業容疑>投資顧問会社を捜索 5億円集める(毎日新聞)

 モンゴルでの重機リース事業への出資を無登録で募ったとして、警視庁生活経済課は19日、投資顧問会社「東京プリンシパル・セキュリティーズ・ホールディング」(東京都江戸川区)や同「グローバルアイ」(港区)の関係先二十数カ所を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で家宅捜索した。同課は、東京プ社が約100人から約5億円以上を集め、グ社も同様に出資を募っていたとみて捜査する。

 捜索容疑は、両社は投資顧問会社「ニューアジアアセットマネジメント」(港区)から委託を受け、国の登録を受けずに、モンゴルで鉱物を掘削する現地法人に重機をリースする「モンゴル資源開発投資ファンド」への出資を募集。08年12月〜09年7月に神奈川県横須賀市の80代の無職女性ら3人から計約1200万円を集めたとしている。【町田徳丈】

【関連ニュース】
無登録営業:FX高配当うたい十数億円集金か 元社長逮捕
架空増資:投資顧問会社社長に有罪判決 東京地裁
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検
システム会社不正取引:元会長ら強制捜査へ 横浜地検など
無登録営業容疑:バルチックカレーの会社を捜索 警視庁

民主の「政治とカネ」参院選に影響…連合会長(読売新聞)
<郵便不正事件>石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言(毎日新聞)
<火災>大阪府立大学の部室棟燃える けが人はなし(毎日新聞)
野口宇宙飛行士 「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
<地デジ>受信障害の対応率まだ25% 目標達成難しく(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
即日現金化
債務整理 無料相談
自己破産
ネイルサロン
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM